新たな道を求めて2

今回はいつもとまったく違う場所、山岳ツーリング
コピー ~ DSC_0215

某所 高速ICから1~2時間と遠く、ここは標高が2000mを越え、下界が25度でもここ、夜は10℃以下、昼間でも上は8~15度
この時期でも非常に寒かった。

朝起きると晴天、早速走り出します。
鉄塔道が多く、アップダウンの連続、結構遊べます。


その後、目的の頂上目指します。
道が無いのです。
コピー ~ DSC_0216

隠れた倒木に引っかかり、転ぶこと十数回、結局最後は崖断念

ここはロング林道 標高2000mを越えると残雪があります。
コピー ~ DSC_0218

棒作業道、これが続きます。
ヘルメット大の石と粘土土が行く手を遮ります。
結局断念、かなり荒れていました。
コピー ~ DSC_0222

山の頂上から景色は最高です。夕方7度を下回ってます。寒ぶ!
コピー ~ DSC_0223


http://firestorage.jp/download/de328aa6999243fbc901b142aa7bf7febdb66282

マジェスティS ツーリングIN信州

溜まった代休を消化するため、月曜日はお休み
マジェスティSで信州にツーリングに出かけました。
朝が弱い私が4時起き、5時前に家をでました。
いや~ 朝の風は気持ちが良いですね!
コピー ~ DSC04237

まずは中央高速に乗り、このバイクでは初めての高速道
高々150ccと思いきや、最高速瞬間ですが120k超えます。回転数8500rpmまだ伸びそうですが辞めておきます。90~100kの巡航は出来そうです。
カウルが付いていますので良いですが、これ無かったら拷問でしょう。顔面シャワーです?
相模湖で下り、下道をトコトコと、、笹子峠を6時に通過、緑の匂いが爽やか
その後、甲府で渋滞にはまりながら、長野のビーナスライン、目的1か所目
快晴、気温20℃ これ最高です。空を飛んでいる気分
コピー ~ DSC04247

ただ、このバイク通勤用なのでウエイトローラーを18gとかなりおとなし目です。
なのでピックアップ回転数が4500~5500rpm ノーマルは6500~7500rpm このエンジン6000からトルクが出るので、ウエイトローラー15~17gが良いかな??
このまま美ヶ原まで流します。平日なのにバイクが多いです。これ休日なら渋滞でしょう
コピー ~ DSC04266

そのまま、上田市に向かいます。気温28℃ 暑い!!!下界は熱すぎる。
目的2 真田幸村に会いに、上田城に向かいます。
コピー ~ DSC04287
コピー ~ DSC04291

帰りは全て下道 清里経由で帰宅

走行距離 550k ライディング時間4~21時 ほぼ14hは乗りっぱなし
燃費49k/l カタログ以上です。平均速度50~70km
なかなか良いバイク、早い、燃費良い、コーナー倒れる

ただただ、疲れた~~~

KTM200 クランクシール交換2

KTMのクランクシール部品が入りました。2week、早いですね!
早速交換です。

KTMの場合、クランクケースを割らなくても、工夫すれば、外側からシール交換が出来るハズである。

専用ツールや特殊ツールを自作しました。これらが無いと難しいですね
IMG_1168.jpg

まずは、クラッチ側、クランクシャフトにある、スペーサーを抜けきます。
クランクシャフトやクランクケースに傷をつけずに慎重にしなければなりません
シールプーラー(うねうねの奴)であっさり抜けました。
IMG_1154.jpg

挿入はOILやグリスを塗布します。これが中々入りません。
時間を掛けましたが最終的に入りました。
見たら、カラーに傷あり、またOILシールを入れると、隙間が有りました。
とりあえず、交換しました。
IMG_1169.jpg
IMG_1171.jpg

バラしていた部品組み付け
ここで注意したいのは

排気デバイスのカムを確実に入れる事です。脇のカバーを外せば見えます。
これを怠ると、高回転にパンチが無くなります。

次に、クラッチ組み付けですが、油圧式は十分に押し込んで入れないと、後クラッチが切れなくなります。
今回やられました。再バラシです。・・・・くそ

次は、フライホイール側シールです。これが問題でした。
最終的にドリルで小さな穴を開け、シールプーラーと-ドライバーを1本つぶし、曲げました。
かなり大変だぞ~ これ特殊工具無いのかな?
IMG_1164.jpg

抜けたぜ!
IMG_1162.jpg

次は挿入、これも入らないのです。
ドライヤーでクランクケースを温めますがダメ、
最終的にホームセンターに行き、水道パイプと大ワッシャーを買い、クランクシャフトのネジを利用
慎重にに圧入です。ふ~~
IMG_1165.jpg

次に配線削れを修正
これ、ジェネレーター線でなく、ピックアップコイル側でした。
IMG_1156.jpg

これ、点火タイミング大丈夫だったのかな?
バラシ、配線し直し
ネジロックを塗布、組み付け
IMG_1166.jpg

原因はフライホイールが重くしているようですが、その分、大きく、配線とクリアランスが無かったのでしょう
配線は耐油です。
IMG_1157.jpg

水入れ、OIL入れ、一発
軽く試走しましたが白煙は見られません。ま、水吹くまでは回せないので
これで様子見ですね。

今回2日掛かりましたが、部品、特殊工具あれば1日ですね
2st でエンジンの掛かりが悪くかったり、プラグが良くかぶる場合、注意ですぞ


海鮮料理

DSC02891.jpg

雲1つない、快晴
人様が働いいる時休む
気持ちがいいですね!

今回は平日のツーリングです。
午前中は某所で山ツーリングです。

Sさん、木にハマってます。
そうです。細かい木々の間をぬいます。
DSC02854.jpg

奥さん、KTM150新車です。今は!
DSC02857.jpg

気温は30度近く、木陰の
林道は快適です。
DSC02858.jpg

頂上近く
風がさわやかです。
DSC02871.jpg
DSC02872.jpg
DSC02880.jpg

今回、さらに新規見つけました。
DSC02900.jpg


今日は、ツーリングは早めに切り上げ
数時間移動、、、目的はこれです。
棒民宿、魚尽くし、、、食べきれません。
朝食もすごかった!
温泉、海鮮、波の音、、、
DSC02903.jpg

翌日は、新規開拓、、ほとんど楽しい所は有りません
Oさん、炎天下の中押し
DSC02912.jpg

林道に生まて間もない、鹿の赤ちゃん
まだ十分に歩けません。
多分親は逃げたのでしょう
かわいそうのなので、安全な獣道に置いてきました。
DSC02910.jpg


KTM200 クランクシール交換1

IMG_1126.jpg

まーさんのバイクが調子悪いとの事で預かりました。
症状としては、真っ白い煙を吐く、
それもエンジンがヒートした時(水吹く位)、通常温度に戻ると、煙でない

白い煙、、、冷却水かOILだと思います。
確かに仮面ライダーのサイクロン号並みに白く吹いていました。

冷却水は考えにくい
水の減りなし、エキゾーストの匂いがクーラーント臭では無い
水ならアイドリング出来ない?

ではミッションOILか?
2stならクランクOILシールかクランク中央のガスケット抜け?
・白煙吐くときは、エンジン吹けない===混合比が濃い!
・寒いときエンジンかぶる、プラグが濡れる
・新車から3年===そろそろかな?

私の所感として、OILシールと見た!
そこで今回、クランクOILシール交換をしてみようと思います。

かすにん!良く参考にしてくださいよ

まずタンク、チャンバーなどは外しません。
但し、OILと水は抜く事
注意1 クーラント水は動物が飲むと、肝臓を怖し、死にますとの事。チャンとふき取ること

最初にフライフォイール側
セルを外し、フライホイールカバー外し、うわ、汚れていますね。
セルモーター横置きタイプは、ここの汚れでセル回らなくなります。
定期的に清掃ですね。ただグリスはしっかり残ってました。
問題はフライホイール、これはKTM特殊ツールでないと外れません。
フライホイールプーラーにモンキー掛け、エアインパクトで1発です。
IMG_1129.jpg
IMG_1130.jpg

これ6000位だったかな?整備する方は必需品です。クランクネジ痛めたり
叩いて曲げると、クランクAssy交換整備で2ケタ諭吉行きますよ、
クランクシール顔だしました。ついでに綺麗にしました。
クランク内側から少し吹いた痕跡見られます。
IMG_1132.jpg
IMG_1136.jpg

あれ、発電コイル側、赤の線が擦れ、むき出しです。
ここ交換すると2~3万かかります。発電が十分されていなかったかも
フライホイール重くしているとの事で、クリアランスが無かったのかな
今回は何とか応急処置してみます。ダメなら後日、交換
今回の症状には該当しないと思いますが、、、
IMG_1135.jpg

次にクラッチ側、
邪魔な部品は外す事、所がキックが外れない、外車はケース類薄いので叩くと壊れるし、こんなプーラー無いよね。タンク積んでいるので、バーナー使えないし
使えれば、熱で金属が膨張した時、CRCを吹いて、抜けやすくするのです。
1時間戦いました。錆とネジロックが効いてました。
後は、ケース外し、クラッチ外し クランクギヤのネジを外します。
IMG_1137.jpg

注意2 逆ネジですよ。エアーインパクトで1発で外れます。
注意3 外す前に写真を撮ること、細かな部品が多いので、ブロックごとビニール袋で保管の事、後から部品見つかると辛いぞ~~
IMG_1138.jpg

ネジの奥にスペーサーが入ってますが
その奥にO-RINGが無い?無い これは 原因はここか???
OILが侵入したとすれば、クラッチ側のシールのハズ、多分

今日はここまで、部品発注します。
KTMは外側にシールあるので、何とか工夫して外します。
プロフィール

たけオヤジ

Author:たけオヤジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
579位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード