ハイエースハイブリッド2

ハイエースハイブリッド、やはり有りました。
但し電気でなくLPガス仕様です。

マーさんから見たよ
LPガスだった

調べました。
燃費も良いんですね。
ただし ガソリンエンジン 50~60万追加費用


燃費性能

「ガスハイブリッドシステム代を取り戻すまで」をメインに燃費についてご説明致します。

自動車の使い方は皆さん色々で燃費の捉え方も多様です。
そこでいくつか違った角度からご説明致します。一番分かりやすいものを参考にされてください。

1:6万キロ・1万リッターが目安
2:1日片道35kmの通勤に使う場合
3:ペイバック計算
4:レギュラーガソリン換算法
5:年間節減費用(対ガソリン使用)

●60万円回収するまでの走行距離(概算)[PDFデータ]

1:6万キロ・1万リッターが目安

ガソリン使用で6km/Lの車が1万リッターで走れるのは6万キロです。
ガソリンが150円/Lなら1万リッターは150万円です。
LPガスが90円/Lだとすると1万リッターは90万円のため、その差額は60万円です。

ガスハイブリッドシステムの総額(装置代と取付費)は60万円前後です(車種によって価格が異なります)。
したがって、6万キロ以上走行するとそのままガソリンで走っていた時と同じ出費になり、
それ以上走る場合は12万キロなら60万円、18万キロなら120万円の燃料代をセーブできます。

ガソリンが値上がりした場合、更に早く取り戻せます。

よってご自分が6万キロを走行するのにどのくらいの期間がかかるかで、元を取り戻すまでの期間が分かります。
現状のガソリン燃費が7km/Lなら、7万キロで計算してみてください。ガソリン価格の上昇分も考慮してください。

●60万円回収するまでの走行距離(概算)[PDFデータ]

2:1日片道35kmの通勤に使う場合

1日往復で70km走る場合、出勤日数が1ヶ月22日とすると1ヶ月1540km走ることになります。
1年で18480kmで2520kmの旅行や買い物なども入れると1年に21000kmになります。
ガソリン使用の現状で7km/Lの車なら、1年間で3000リッター使います。

ガソリンが150円/LでLPガスが90円/Lの場合、差額は60円なので3000リッターは18万円です(※1)。
ガスハイブリッドシステムの総額(装置代と取付費)は60万円前後(車種によって価格が異なります)のため
3年4ヶ月で元が取れます。

ご自分の燃費や利用状況を当てはめて計算してみてください。ガソリン価格の上昇分も考慮してください。

※1 説明を分かりやすくするために同じ燃料消費(km/L)としていますが、
実際にはガソリンの比重は0.73でLPガスは0.58と軽いため、同じ1リッターでは燃費が10%程悪くなります。

●60万円回収するまでの走行距離(概算)[PDFデータ]

3:ペイバック計算

ガスハイブリッドシステムの総額(装置代と取付費)約60万円を取り戻すまでの走行距離計算方法です。
走行何キロで費用が回収できるかを計算できます。

ペイバック距離数(km) =

ガスハイブリッドシステムの総額(円)
――――――――――――――――――
ガソリン単価GS(円/L)-LP単価LP(円/L)
× 現状ガソリン燃費K(km/L) × 
ガソリン比重
―――――
LP比重
×
ガソリン発熱量
――――――
LP発熱量
×
1
――
1.05

●60万円回収するまでの走行距離(概算)[PDFデータ]

4:レギュラーガソリン換算法

ガソリン、軽油、エタノール、CNG、水素…と色々な燃料がありますが、
当社では全ての種類の燃料の正確な比較が出来るレギュラーガソリン換算方式(インテグラル方式)で比較します。

元を取れる期間は分かりませんが、走行距離が月によって違う場合は感覚的に分かりやすい計算方法です。

レギュラーガソリン換算(km/L) = トリップ距離(km)
―――――――――――――――――――――――
LPガス給油代(円)÷レギュラーガソリン時価(円/L)

計算方法は、簡単!

満タンから満タンまでの距離をトリップメーターで測り、LPガス給油時の給油総額を
その時のレギュラーガソリン価格(円/L)で割り算し、レギュラーが何リッター買えるか計算します。

実際には1リッターあたりの燃費は10%程悪くなりますので、
11.2km/L位の燃費(レギュラーガソリン換算)になります(115円で走れる距離)。

●60万円回収するまでの走行距離(概算)[PDFデータ]

5:年間節減費用(対ガソリン使用)

年間のガソリン使用量、走行距離または燃費(km/L)をご存知の方

LP燃料価格=LP
LP比重=0.58
LP発熱量=50374(KJ/Kg)
年間走行距離(km)=L
低負荷領域効率改善分=1.05
ガソリン燃料価格=GS
ガソリン比重=0.73
ガソリン発熱量=46883(KJ/Kg)
現状ガソリン燃費(km/L)=K

現状年間ガソリン使用量(リッター)Q =

年間走行距離(km)L
――――――――――――
現状ガソリン燃費(km/L)K

年間燃料費節減金額(円) =

年間ガソリン使用量Q × (ガソリン価格GS-LP燃料価格LP) × LP比重
――――――
ガソリン比重
×
LP発熱量
―――――――
ガソリン発熱量
× 1.05

●60万円回収するまでの走行距離(概算)[PDFデータ]


参考:GHS搭載車とガソリン車の比較




http://www.integral-ltd.co.jp/hybrid/column.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

それ走ってますよー。
ガソリンと併用できるから航続距離がながいし
プロパンって結構スタンドがあるかららくよね。
安くつけるところもしっていて、そこでも大体60万っていってました。

スペアタイヤのことらへんに100か80のボンベを積んで
規定だと80%まで入れられるので80リットル。
ガソリンもそのままだから最高よね。

私はディーゼルだから別にいいやとおもいました。
ガソリンと併用だと、どちらもトルクがないというとこもろ気になりました。

No title

次の仕事車はアルファードハイブリッドの予定です。
で、次のトランポは 秘密です ・・・ 🐼

No title

mちん さん

トランポ!
ハイエースかキャラバン、かな?

最近、景気が良いですね?
金の鉱脈でも見つかりました?

フサベル 手放したの?

LPGハイブリッド

こんにちは!
突然お邪魔して申し訳ありません!

ブログ拝見させていただきました。
弊社でも各種車両をLPG化しております。
毎日趣味半分で、いろんな車の架装をさせていただいております。
架装金額はまちまちですが、排気ガス検査取得済みのものであれば60万円かからない車種もございます。

現在、私どもで契約しているLPGスタンドは70円台です!
ハイエースは燃費が悪いですがこのシステムを換装した場合鬼に金棒でどこへでも行けます。

6月からは経済産業省主催の補助金の給付申請が始まりますのでそのタイミングで架装することをお勧めします!

デモ車輛もあり、走りも全く変わりません!
是非、遊びに来てみてください。
プロフィール

たけオヤジ

Author:たけオヤジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
517位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード