スターライトフォレストなみあい

猿山で面白いコースがあるよ
と教えて頂き、気になってました。
恵那山の下の方、長野でも限りなく愛知県、標高からして冬は走れないかも
急遽、コース変更現地に、、、、それがここ、スターライトフォレストなみあいです。

夜到着、コンビニ行こう、、、、、
なんと回り何も無し、コンビニまで20km走りました
そうです。自然豊かな所です。

朝起きると、疲労がたまっている。体中痛い、
年を取ると1日遅れ、利子が付いて回ってきます。(これ本当よ)
痛めた足は、さらに痛い、翌日無理しなければ、、、でも無理しないと楽しめない所
ボロボロの私たちにはコースに来てしまいました。 

コースの標準道、走れますが、体に響く
でもね、でも、何か物足りない
直ぐ特殊コースへ
何か救いようの無いバカでしょうか?

また、猿山から来たと話すと

何と、ではここに来たら、スペシャルステージへ案内しましょう

うううう、涙がでる~~
(うれし涙ではありません。ボロボロの私たちにスペシャルコース、、、、終わった)

案の定、
三途の河地獄 ここで体力80%消耗
コピー ~ DSC09611

山登り、もうステップに立てません
軽く登れるところも転ぶ始末
コピー ~ DSC09612

では次のセクションです。

完全に道無いんですけど~
コピー ~ DSC09631

はい、川を上ります。

もうヤケクソ、鯉でも滝を登るのですから
たけオヤジも、最後の見せ場を、、、、
1.5~2m滝を登る~いやバイクだけ走って行きました。

コピー ~ DSC09621
コピー ~ DSC09623
コピー ~ DSC09627

これ結構恐怖でしたよ、でもね決心したのは、綺麗な渓流なのでコケが無いのですよ
意外とグリップするので、、、たけオヤジの悪魔が言うのです。
今のお前なら行ける。行け、行くしかない

助けもあり、何とか登ったけど
お地蔵さん状態

右足限界、ステップにも乗れない
セルは既に回らない
既に、たけオヤジ仮死状態
今回は無理しました。
足は1,5倍に膨れ、太もも全体紫(桃みたい)
1週間経ちますが、未だに曲がらない
でも既に出張中

ただ、達成感は有りましたよ
真っ白になりました。
楽しかった!
同行してくれた皆様、本当にありがとうございました。
またリベンジに行きたいと思います。

これが病みつきになるのでしょうね!


スポンサーサイト

猿山遠征201509-2

2日の朝、目が覚めると、体中が痛い、半分は筋肉痛ですが、
昨日転んだ右脚が痛い、腿が大きくなっている
ここまで来て、キャンセルは出来ません。走っているうちに温まり、痛さが消えるでしょう

今日も4台で走ります。
まずは、渓流沿いに向かいます。
そこに、遮るように倒木が実にいやらしい
荒れた登り5m先に、段差30cmの倒木、それも斜め、その先にもう1本
これは難しいですぞ、
かすにん、たけおやじ、まことさん 1本目引っ掛かります。力で上げ
コピー ~ DSC09496
コピー ~ DSC09497
コピー ~ DSC09498

次に奥さん、これは期待、、いあいあ失礼心配です。
みなが心配の中、うお~ なんと1発、、たまげました。
コピー ~ DSC09568

その後もヒルクライム大会、多数、殆ど登れません

気を取り直して
徘徊します。2wayで遊んでいると
コピー ~ DSC09582
コピー ~ DSC09606
遊び疲れ、山の中でランチ
そこに体調さん達が来ました。
本来なら一緒に連れて行ってもらいたかったのですが

既に私達は、エネルギー切れ状態
このまま付いて行くと、地獄が、、、
私たちは別行動で

その後、また渓流沿いの山を登り、ここもキツカッタ
全員押し押し、頂上で倒れました。
コーラが飲みたい、1本500円でも買うよ!
本日はこれで終了
今度はゴルゴさん達とすれ違い

この山は何台走っているんだ?

この山は厳しいですが、最高です。お腹一杯、
また年末

あ、最後コーラ買って、しばらく放心状態だった。

3日目に続く

猿山遠征201509-1

行って参りました。
中部地区の某所 遠征です。
仕事から帰宅、夜整備、出発は既に翌日
走りました。
世間はシルバーウイーク、東名は夜中から大渋滞
渋滞で止まると、たけオヤジ、まぶたが閉じます。、、

もう、だめ、牧ノ原で力尽きます。
朝方、出発するも既に渋滞

すみません~ 遅刻です。先に楽しんでと電話

コピー ~ DSC09489
コピー ~ DSC09508

今回は私とかすにんさん、まことさん夫妻計4名
まずは本道を行くと、途中で合流、
では行きましょう。地獄の谷へコピー ~ DSC09561

コピー ~ DSC09518
コピー ~ DSC09529
コピー ~ DSC09543

4名が上からのぞき見こむと、、、 奈落の底 
角度60度位、先が見えません。きっと鬼が下で待っている感じ
前回、KTMのリヤハブを割った所

そこへ、なんとRさんが登場、見本を
下から物すごい勢いで上がってきます。
最後の壁を、フルトラクションで登り切ります。
もしかして出来るか?
私とかすにんは、希望と無謀を履き違えて下ります。
案の定、おむすび、ゴロ輪状態、重力には勝てません。奈落の底

やっと下り、では登りを挑戦しますが、がんばって1/3行くかな?位です

改めてRさんの、桁違いなライディング技術
アクセルの開け方、ルート選び、体重移動とトラクションが絶妙
トラクション掛かる所でフルパワー、体重移動で制御、ルートは直線に取り、アクセル戻さず、クラッチ繋ぐ、、
ヒルクライムと言うより崖です。最後角度限りなく90度
ここは、アクセル閉める!
タイヤに吸板でも付いてるの?
コピー ~ DSC09484

ここから案内してくれるとの事
すごいチャンスです。
ヒルクライムで色々教えてもらいました
実行できるかは別として、イメージは残りました。
おまけに、バイクも乗せてもらいました。
サスが初期動作がソフト、それでいてフルボトム付近で粘る、食いつく感じ
エンジンも下が有り、非常にコントロールしやすい
原型レーサーですが、付いている物が、全て違う
ありがとうございました。

その後、自分でも、今日は乗れる、、、、矢先に転倒
クラッチも切れが悪く、本日はお開き、明日に備えます。

これが現実ですね

続く

猿山遠征201509

コピー ~ DSC09480
コピー ~ DSC09631
コピー ~ DSC09552

皆さんお疲れ様です。
弩渋滞の中、無事帰れましたでしょうか?

夜移動、渋滞に負けて、朝帰りです。

体中痛いです。3日間の蓄積です。
足は膨らみ曲がらず、腰は痛い、筋肉痛、、、
その中、かたずけ、バイク整備中です。

写真 UPしました。
パスは打合せの文字では入らず、
私の携帯、末尾4ケタです。
http://firestorage.jp/download/8329c77669d70f897c938827101bda4b9f452a8b

ホイール組立

続きを読む

北海道紀行2015-④総評編

フォーサイト
コピー ~ DSC02925

このバイクは長く乗っています。
バイク性能は酷いもんです。コーナー曲がらない、最高速120kが限界
いわゆる、おじさんバイク、
カブをスクーターにした感じ水冷短気筒、250cc、車重160k
マジェやフォルは180~200kg有るので軽く、小さい車体は助かります。

しかしながら、長距離には楽なんです。
タンク12L、燃費30km=航続360km 北海道は奥地、土日、17時以降、GASが入手難しく助かります。シートは広く3~500k位は走れます。高速でも巡航100kならOK

ライトもHID付けているので、真っ暗な北海道でも、心強い
なんといっても、スクーター片手が空きます。

風防は風がほとんど当たらず、雨や寒い所はとても重宝、グリップヒーターを使えば快適関東くらいならなら、冬でも快適です。おまけに静か、走行中の電話も可能
虫も当たらないし

搭載量は大きく、日帰りならシート下でじゅぶん、今回1週間でキャンプ道具積んで、リヤにBOX積んでもすっきり、ネイキッドなどは、荷物てんこ盛りですよ
IMG_8672.jpg

デジ物のケアも便利です。
今回、ETC、スマホ、テレビ、ラジオ、デジカメ、アクションカム、アクションカムのリモコン、仕事用のPC、を搭載していました。
IMG_8678.jpg

充電器、2系統で使用していました。途中紛失して、1系統、ほとんど順番に充電ばっか中央のカゴには電装品の塊です。
フォーサイトは、ジェネレーター300w台、3相交流式で電気が安定しています。

それにしても、今やNETは何処でも入りました。
キャンプ場や山の上、牧場まで、逃げ場は無いな

その中で一番役に立ったのは、スマホ、グーグルナビで音声検索が便利
例えば、キャンプ場と音声入力、すぐさま周辺のキャンプ場を探し出してくれます。

役に立たないもの、ラジオとテレビ、
走行中は電波捕えません。アンテナ付ければ良いのでしょうが、
映ってNHKだけ、直ぐ寝るので見ないし
スマホの天気情報で十分でした。


総評
8日間 行き帰り新潟まで高速、新潟~苫小牧 フェリー使用
総走行距離 3200km 総gas量 106L 平均燃費30k/L 総額98000円
フェリーと高速代で約半分です。

トラブル2回
1回目は、リヤディスク緩みによる異音、適当な場所からネジ外し、取付完了(応急です。)
2回目、なんとフェリー下りてパンク、重くて押せない、北海道でなくて良かった。

ま、何とか無事帰りました。

告! 猿○山

まだ、不可実ながら
9月のシルバーウイーク前半
愛知に遠征しようと思います。
良ければ行きましょう

私もまだ確立60%
雨降ったら行かない

みそ煮込みうどん
味噌カツ
きし麺

かすにん、行くぞ
バイク2台体制で

こそ練習

9/4最終便で帰国、そのあと直ぐ、来週から韓国なのですが、
バイクに乗りたい、KTM修理後の試運転もあり
こっそりと1名で長野に移動/試運転

バイクで山の中を押していると、電話が

まことさんから、走りましょう! と電話が
えええ、もしかして山の下(長野)に居るの?
IMG_8720.jpg
IMG_8719.jpg

今回は、誰にも声を掛けなかったのでびっくり
まことさん達もリハビリかねての山走り

今日は、軽くのつもりですが
結局、濃くなってきました。
IMG_8710.jpg
IMG_8716.jpg
IMG_8722.jpg

新ルート開拓
スーパーヒルNO4
気持ちいいぞ
エンジン焼けるまで、回せ~

その後、まことさん達と別れ、
再び、1名で試運転
今度はWR450Fを駆り出します。
相変わらず、ものすごいパワー
このバイクは
タイヤが空回り、ウイリー、流れる
しまくり、3速以上は、怖いくらい
それでも、振り落とそうとするパワー
バンクでパワーON
斜めに浮き上がり、草むらに突っ込む

怪我は無いですよ
暗くなるまで、楽しんでいました。
このバイクのると疲れます。筋肉痛
SAで仮眠、朝でした。

北海道紀行2015-③遭遇編

網走めざして走ると、橋の上で外人が???
What’s UP 何?ベアー??
東北の訛りでベアーと使いますが、ここでは違う

おおおお、熊です。
小熊が2匹、んんん
娘に、何時か小熊をバイク乗せて、帰るからと言ってますのでチャンス

小熊が2匹だけのはずが無い
きっとモンスターペアレンツが居るはず。

カメラ構えると、でけ~出てきた。
熊のプーさんどころではありません。
コピー ~ DSC03197
コピー ~ DSC03205

見ていると、車がどんどん止まります。

なんとHBC(北海道のテレビ局)までカメラを出し始めました。
隣のおばちゃんが、ねえ何処、何処
おばちゃん、橋の下見に行ってごらん
テレビも来ているので、写るよ、中年デビーだよ!あらそうかしら。


知床では珍しいわけでもないらしいですが

これで、全ての野生動物に合いました。
キツネ、タヌキ、猪、カモシカ、月の輪熊、ウサギ、テン、ヒグマ
あ、ツチノコはまだでした。


本日の宿は、羅臼側キャンプ場
ここは天然の温泉があるのです。夜入浴しますが
私と若者3名、とても入れる温度ではありません。これ本当なんです。
水で薄めて掛け湯です。

そのあと、地元の漁師風の爺さん、なんだおめいら、水入れるでね~
若者は横浜から来た2名、爺さんに孫の様に、かわいがれ、背中を押されて、無理やり押し込まれていました。悲鳴が 熱い!無理!!!死ぬ!

余談ですが、翌日、屈斜路湖の、無料露天風呂でも会いました。
何でも混浴で、女性来るのを待っていっるそうです。

早朝の知床峠です。
コピー ~ DSC03264
コピー ~ DSC03268
コピー ~ DSC03299

道東の道を走ります。
草原や牧場が増えてきます。

摩周湖も早朝の為、霧がまだかかっていません
コピー ~ DSC03410

屈斜路湖のキャンプ場
コピー ~ DSC03402
コピー ~ DSC03398



本日は最終日

早朝から10℃台、体が冷えてきました。
コピー ~ DSC03408

何時も寄るのですが
阿寒湖近くにある野中温泉

硫黄泉、かけ流し
7~19まで、200円ですよ
安い、財布にも安い、行ったら、ぜひ寄ってください。
コピー ~ DSC03429
コピー ~ DSC03427

ナイタイ牧場に向かう頃には、天気が崩れ初め、霧でこれ以降見えません。

最後は、大雪山裏側の、風景を見に、雄大な景色です。
コピー ~ DSC03485

北海道紀行2015-②

今日は最先端、宗谷
翌朝、5時、寝るのが早いので早起きなんです。

コピー ~ DSC02610
コピー ~ DSC02642
コピー ~ DSC02650

ここは人気のスポット、
北緯44°超えたころから風が冷たく、北緯45°以北は冬装備で爆走
サロベツ原野、数十キロ、平日で交通量少なく貸切状態、
快晴、何も無し、直線と利尻富士が見えます。
青、緑、アスファルト、雲だけ
巡航速度70~90km、控えめに言いますが、

”””最高です。”””
コピー ~ DSC02661
コピー ~ DSC02735

最高の後は最低も有ります。

今回は一時帰国?今は既にフィリピンです。
仕事のパソコンを持ち込んでのツーリングです。

不便な時代です。キャンプ場でもnetが入るのです。
稚内の休憩場で仕事・・・・・現実は厳しい

稚内の山の頂上より、市内を一望
コピー ~ DSC02768
コピー ~ DSC02771

稚内は電車の最終地点
コピー ~ DSC02779
コピー ~ DSC02785

時刻表は、、、少ない
山手線とは大きな違い、ミスると帰れない

ここは宗谷岬
バイクが沢山集まっています。
東京まで1100k 遠いな!
コピー ~ DSC02808

次は宗谷丘陵、
ここは私が好きな景色です。
元々、氷河の名残があるのですが、
今は緑が一面、私には天国に近い場所と思います。
関西以東、色々走りましたが、ここが一番好きですね。
絶対、お勧めです。1h程ですが夢の道を走ります。
コピー ~ DSC02862
コピー ~ DSC02859
コピー ~ DSC02836

道北の道道を走り、オホーツクに抜け、本日クッチャロ湖でキャンプ
本日も、暗くなってから、テント貼り、横になっていると・・・・・朝5時、またか
コピー ~ DSC02906

起きたら走る

猿払の直線路、十数キロこんな所
コピー ~ DSC02980
コピー ~ DSC02934
ここからは、道北を横に走る走る、
コピー ~ DSC02931

本日は、船長の家に宿泊
ここは、それはそれは有名な所
これです。

カニ、カニ、カニ、海鮮三昧
これ以外にもまだ来るのです。
この時の為に、昼は抜いています。
それでも、たけオヤジ、ギブUPです。
贅沢かもしれませんが、カニ、しばらく見たくありません。本音です。
コピー ~ DSC03072

朝食も刺身、焼き魚、
これで7500円位ですよ!
お盆、連休、予約とれません。
コピー ~ DSC03074

重量化したたけオヤジは、ふらふらしながら、岬めぐり
コピー ~ DSC03085
コピー ~ DSC03096

食ったら、運動、網走監獄
結構面白いですよ
コピー ~ DSC03104

コピー ~ DSC03124
コピー ~ DSC03115
コピー ~ DSC03118

女満別空港の裏側
ここは、美瑛と似て、なだらかな丘陵地帯
綺麗で心が洗礼されます。
コピー ~ DSC03042
コピー ~ DSC03029

北海道、どこも直線ばっかり
ここは斜里町

③ とうとう遭遇編に続く
プロフィール

たけオヤジ

Author:たけオヤジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
649位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード