ドイツ紀行2

ドイツから帰国中です。
仁川で乗り継ぎ待ちのたけオヤジです。

今回お客さんの車、アウディーTT?(私は良くわかりません。)
に乗せて頂きました。
DSC00873.jpg

5気筒 2500cc 軽くて速いです。最高速は?280km?
日本では不用です。
アウトバーンならではですね?
実際帰りはBMWで170km位で走っているのですが、
それをものすごい勢いで抜くポルシェがいました。


空港に12頃、着いた物の、帰国便は17:45  何するればいいんだ~~
しょうがない、仕事とPC漫画をみていたら、あっさりバッテリー切れ
あとは、耐えるのみ

2時間前に、ゲートで待っていると、隣はJAL(日本の航空会社)
久しぶりの日本語
夜出発の、直行便多分、日本に翌日の午前中着

私?当然乗れません。
往復OPENで12万前後、安いのでKORIAN AIRです。周り韓国人ばかり
今、韓国で乗り継ぎ待っています。帰国は夜です。
時差の影響で眠い!
DSC00890.jpg

所で、モンゴル上空、ウランバートル周辺、午前中、快晴です。
木々の無い、丘陵の低い山々、どこまでも続く砂漠、とにかく人工物が無い、
所所に道の痕??

こ、こ、これは、オフロードファンなら目が釘付け、は、は、走りたい
これは何時か走る必要が有りそう、
回りは何も無い、チェーン切れたら、死ぬな!そんな所です。


UPしようと写真を見たら、なんと、フォーカスが窓の氷に合っている。
いわゆる、ピンボケ写真 見れません
キレイなんですが

UPしたのはもう中国近くの写真、、、残念!

砂漠ーはげの山々ー緑草原ー木々のある山ー湖ー田園地帯ー海となっていきます。
DSC00936.jpg
DSC00909.jpg
DSC00928.jpg
DSC00953.jpg
DSC00961.jpg

今回の景色をみたら、急に走りたくなりました。週末GOです。
スポンサーサイト

ドイツ紀行

3年ぶりにドイツに来ています。
家を4時半に出て、到着が18時、時差があるので移動時間は20時間です。
疲れました。
DSC00727.jpg

翌日、フランクフルトから車で移動です。
アウトバーンです。4~2車線 速い、速度リミットが有りません。
乗用車は140~180km位で流れています。
日本だと高級車が普通に走ってます。
もっとも、ベンツはこちらでは国産車、TAXです。

当然トラックもいますが、トラック車線を走るので、安心して飛ばせます。
日本の高速も見習って頂きたい。
交通のマナーは良いですね。中国も見習ってもらいたい

移動は、アウディーのディーゼルエンジン、、これが静かで早い
こちらはディゼルエンジンが多いですよ。燃料もディーゼル用が2種類あります。

ユーロ圏は移動が割と自由です。
ロシア、フランス、チェコのナンバーが走っています。

建物はやはり違います。
ここは、フランスとスイスの国境らしいです。
なんか、アルプスの少女、ハイジが出てきそうな場所です。
子供でも茶髪ん~ブロンドと言うのかな
DSC00751.jpg

でも、トイレが高いです。
私の場合、つま先立、か そのまま置けます。何を、、、
DSC00814.jpg

メンテ

バイクは乗ってばかりではダメです。レーサーは乗った分しっかりメンテしないと
めんどくさ~ 現地でトラブルわけにもいかないので、、、

KTMをサスやわらかめ調整、ザグ下げ、FフォークOIL
クラッチOIL交換、マグラはミネラルOIL交換
何で普通のブレーキOIL使えないのか?
高いので、自転車用シマノ ミネラルOILで代用
FフォークOILでも良いと聞いた事があります。
色的には同じです。
Fブレーキフルードも交換、
KTMは軽い、自転車にハイパワーエンジン付けた感じ
ジャックナイフのしやすいです。
サスを縮めて、延びる時、ブレーキを強く、抜重でリヤを持ち上げれば
取りあえず浮きます。怖いので、あまり浮かないけど、

WR-FはFスポロケ交換、OIL交換
クラッチの切れが悪い??クラッチの消耗かな
前から異音が気になって、タペットかな?と思い、カバーを開け、
クリアランス測りました。排気側はそろそろシムの入替かな
もう少し、だましだまし走ります。
IMG_2750.jpg

エンジンの異音、アンダーガードがフレームに接触
ビビり音でした。薄いゴムを引き、OK

足回り

フィリピンの出張が延期、しばらく日本?来週から急遽ドイツです。
隣の国はKTMのある国、行きたいが無理です。、、、たけオヤジです。

GWのマンツーの時マキオさんのKTM250EXC 13年に乗る機会がありました。
パワー的にはドカンと来るもので有りませんが、下から上までコントロール出来、
非常に乗りやすく、開けた分素直に反応してくれました。
それでもバンクで開ければ、フロントを浮き上がらせ、リヤが流れます。
思わず、顔がにやけてしまいました。

一番驚いたのは、足回りです。非常に柔らかく、1Gで車体がかなり落ち込みます。
ところが、ガレの上を走ると、これは別物、石が無いかのように、ままっすぐ走ります。
その分、速度を上げることが出来、非常に安定してました。
ギャップの付きあげも無く、踏ん張りもあります。煮詰めているなと感じました。
私は固めが好きでしたが、これを機に、やわらかめに振ってみます。
リバンドや抜重操作がやりやすく成れば、、と思います。
おまけに腰と膝の痛さも解消されれば最高です。

また、今年は倒木が多く感じました。
KTMはリンクレスなのでフロントUPと気合で通過しますが、
WRはリヤサスが引っ掛かります。
IMG_2736.jpg

そこで、リヤサスガードみたいな物を付けてみました。
IMG_2735.jpg
IMG_2738.jpg

効果?判りません。走って良ければさらに改良
ダメなら外すだけです。


まったりと、、、

最終日5日目は、一人で草津温泉へ、
夜中に草津着、ここは無料の公衆浴場が十数個あります。
親戚がいるので大抵は知っています。
広くてきれいで、車の止められるところ
貸切状態でした。

翌朝、雲一つない快晴、草津道路を長野方面にドライブ
雪の壁が残ってます。
DSC07038.jpg
DSC07047.jpg

遠くに中央アルプスの山々が綺麗です。
DSC00400.jpg

帰り際、軽井沢方面へと向かいます。
DSC00451.jpg

目的はAS山
DSC00523.jpg

我慢できず、夕方近辺からバイクを下して走ってしまいました。
AS山の登頂口を長野方面から探しましたが、見当たりません。
傾斜の低い所からアプローチ、火山灰でなかなか走りにくい、不明瞭、
暗くなりかけ、撤退と相成りました。

A山ツー その4 2014/5月

もう4日目、本日は軽く通常林道と温泉と思い
車を草津方面へ、、、明日1名来たい!
A山初めてだから案内してほしい

ん~~、急遽戻ります。

Y君はレーサーに乗っているので、どこでも付いて来ます。
非常に楽しんで走ってます。
ここは楽しい、オフロードのディズニーランドです。
DSC06895.jpg

DSC06902.jpg

反面、私は、疲れたな~~
しかし、バイクに跨ると、右手が勝手に動き出します。
さすがに押しが入る所はパス、パス

裏の尾根ずたいに向かいます。
つい、力が

DSC06912.jpg
DSC06943.jpg

私は、、、何の事無い所で転びます。
DSC06985.jpg

遠くに、谷川だけが、しばし休憩
DSC06921.jpg

今のA山は非常に走りやすい、
中坂はただの坂です。座ったまま登頂できます。
まだ、雪が無くなり、道がリセットされ、バイクの数が少ないのでしょうか?
倒木は、あっちこっちに
DSC06970.jpg

なんだ、かんだで、夕方まで食事も取らずに、走ってしまいました。

A山ツー その3 2014/5月

DSC06868.jpg

福島から次の群馬某所、A山に向かいました。
夜には到着、仮眠となります。爆睡です。

3日目、こちらは会社の後輩と行きます。
ん、疲れていないの? 疲れています。筋肉痛です。
私は遅れて、筋肉通が出ますので、初日の疲れでしょうか?


翌朝、快晴、空気がひんやりと、絶好のバイク日和です。

今日はおとなしく走るつもり、、、、、でしたが、
たけオヤジ、バイクに乗ると、我を忘れてしまいます。
アクセルを開けろ、もう一人のオヤジが叫んでいます。

いつもの直登、
道は荒れていない、ガレは撤去、非常に走りやすく
1発パス、
DSC06863.jpg

後輩は華麗な技で登頂?しかけます。(冒頭の写真)
嬉しくて、バイクが踊ってます。

この後は?想像の通りです。

その後も、ガレの下り
DSC06872.jpg

新ルートの開拓を行いました。2本の倒木、シャッターチャンス
高速連射で待ち構えます。
期待を裏切ります。見事パス
DSC06878.jpg
DSC06876.jpg

初日はこれくらいで勘弁してやりましょう

#実は自分も勘弁してもらいたいです。疲れた~

風呂に入り、昼/夜兼用の食事を取り、ダウンです。

福島ツー2014その2

福島ツー2014その2

本日は2日目、福島の南の方へと移動します。
人員が入れ替わり、新潟勢2名減り、栃木勢3名合流となりました。
総勢?21台?多分正確にはみなさん把握してません。
1~2名位、崖に落ちても多分、分かりません。そんな人数でした。
DSC06787.jpg
DSC06798.jpg


本日は某山の尾根走りです。約10kmほど、楽しみ
行ってびっくり、シングルトラックと言うより
斜面の20cm程のキャンバー走行、
そこに倒木がプレゼントされます。

当然、転倒 結果 落ちる、落ちる、おもしろい様に 
DSC06799.jpg
DSC06816.jpg
DSC06817.jpg
DSC06842.jpg

写真は一部で沢山のレスキューが有りました。

通常林道ならフロントUPでしょうが
道が20cm程、また木が濡れて、斜め 落ちてください
と言ってるようなものです。


先導隊が伐採と倒木処理、救助、中々進みません。
途中から、最後尾に付けます。
(決して伐採が疲れる訳ではありませんよ。後続隊を見守る為です。)

後ろから見ていると、ちょっとしたタイミングで落ちます。
所が、この人数です。

落ちたバイクに人足が群がり、100k超のバイクを
いとも簡単に戻します。これにはたけオヤジ感心しました。
仕事が早い、
DSC06828.jpg




休憩も縦にバイク横に置くだけです。
みなさん、腕や足に力が入って疲れたのでは
DSC06833.jpg
DSC06838.jpg


実は、最後尾に付けた、たけオヤジも落ちたのはここだけお話です。
おい~ヘルパーが居ませんよ!一人持ち上げました。ハイ

まんぐうたんさん、及び皆様、とても楽しめたツーリングでした。
また、会いましょう。次回はA山か長野かな!

福島ツー2014その1

休日出勤が溜まるに溜り、纏めて休みをもらい、今年は大型連休でバイク三昧
まずは5/3に福島某所に友の会、まんぐうたさん主催のツーリングにへと出かけました。山々の残雪も残り、連休の快晴です。
o0548041112930749956.jpg
DSC06730.jpg

今回メンバーは福島、長野、栃木、新潟、静岡、千葉、埼玉、神奈川と総勢24名
みなさん集まり人気の程が伺えます。

まずは挨拶から始まり、早々に走り出します。
林道に入り、やはり飛ばします、本日はKTMを出しました。
先頭車両からの飛び石、まるで銃弾のように飛んできます。
コーナーは流れる!ちょっと流すぎかな??
小休止したところで、あれれ。。。。
リヤタイヤのビードが外れている。空気入れるが入らず。。。最悪
パンク以上でしょう、私1名でトランポまで戻ります。
なんと、空気入れ口が外れていました。
DSC06734.jpg

予備のチューブと交換  完了

待ち合わせ場所の某所へ行きます。

ここは、オフローダーのパラダイスみたいな所
大阪は角度があり、数百m、一発物です。
KTMは3速、フロント浮き浮き登頂、、、気持ちが良いの一言
DSC06737.jpg
DSC06767.jpg

DSC06744.jpg

DSC06763.jpg

この裏側も色々アトラクションが一杯、お腹一杯になり
引き揚げ、本日は秘湯、、温泉と宴会で最高でした。
DSC06784.jpg

続く
プロフィール

たけオヤジ

Author:たけオヤジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
457位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード