探索ツーリング

DSC03079.jpg

もう梅雨は開けたのでしょうか?
毎日30度超え、、、うだる暑さです。

山に涼しみに、、、

走っていても暑いのでしばし、休憩です。くだらない話で盛り上がります。

初日は某所奥地、人が入った気配は無し
DSC03039.jpg


草が伸びきって、バイクすら埋もれてしまいそうです。
DSC03040.jpg

2日目

完全なアタックです。この辺は人間の気配は皆無、野生動物の人口が多いのでしょう
前々から通過したかったのですが、標高2000m超えとなると、走れる時期が短い
まして通過できるかも、定かではありません。
6時には各自集合、7時前には出発
DSC03044g.jpg


かすにんのバイクが調子が悪く、私のセカンドバイクを貸出し出発

某峠からは、山々が綺麗です。爽やかです。これから始まる地獄が、想像もできません。
DSC03045.jpg
DSC03052.jpg

ここから道がありません。たかだか数百mでしょうか?
ここから先、戻ることはできませんので、とにかく進むのみ
倒木地獄、直径50cm超え、それもスリッピーな、丁寧な事に、斜めや折り重なる。サービス付き、転ぶ転ぶ、数人でバイクを持ち上げ通過、開拓、、
下見を入れて、数時間要しました。既に午後に突入です。
DSC03055.jpg

まことさんのバイクは、転倒した状態で既にリザーブ状態
かすにんの予備ガソリンで続行
DSC03064.jpg

初めての場所なので道が分かりません。全てナビ任せ
(元々道などと言う物は有りません)
DSC03059.jpg

まーさんとトミさんは体調が優れません。疲労と熱中症の始まりでしょうか?
休憩中は横になっています。

あるみやさんは、骨折してるハズですが、、、元気です。

ひろ君、かすにんは、積極的に道の開拓をしてくれ、助かりました。
まととさんのナビは助かりました。
奥さんの 黄色い声、チアガール??声援に聞こえました?

道間違えや倒木地獄の餌食、迷子になったり、雨や雷の音、半分も来ていないのに、既に3時回ります。疲労と不安で一杯の頃、やっと知っている所に出くわしました。
エルズベルグ、決してヒルクライムではありませんよ!
DSC03075.jpg

あるみやさんのGASがリザーブ、各自残っているGASを補給
全車、2stの混合なので、便利です。

私も、後半、倦怠感が出てきましたが各自ものすごい疲労感です。熱中症の始まりの様です。
DSC03076.jpg

日が暮れ初め、やっと林道に出たとき、一同安心の笑顔
DSC03077.jpg

暗くなる前にトランポ到着

冷えたコーラ一気飲み、うめ~
みなさん、お疲れ様でした。
また行きましょう!もうヤダ?


写真1週間 ここに置きます。パスあり
http://firestorage.jp/download/4e9de959335e9ce544695038023c5f433e6ba7e0
スポンサーサイト

奥只見ツーリング

DSC04418 - コピー

仕事が忙しくなって来ました。
今のうちに代休を取らねば!

週末にかけて快晴
それも暑いらしい
私、暑いの嫌いです。
よし、那須にツーリング

早朝4:30起床 もう明るいんです。
さすがにこの時間は空いている、涼しい、
朝が弱いけどしょうが有りません

環八経由、関越道で東松山で下り、灼熱の熊谷を暑くなる前に通過
ひたすら17号バイパスを飛ばします。
まずは赤城山の頂上へ、、、うわー涼しい 快晴最高です。
コピー ~ DSC04303

山道を探索しながら金精峠 そう日光へ向かいます。
ここで温泉に浸かりながら、とろけます。
このスクーター(マジェスティS)元気なスクーターです。
結構速い、バンク角深い、倒し込んでも擦りません。
前後ディスクブレーキで効きも良いです。
いろは坂、目が回る程グルグル倒れます。

オフバイクの道探しに、脇道を探索
フムフムありそう、次回お忍びで、あんな道、こんな道、、、
おっともう3時を回ってます。
6時までに那須の宿に入らないと、飯抜きです。
でも真っ直ぐ向かう事ができないたけオヤジ
山をくるくると、下界の暑さなど無く、牧場の道を爽快な所です。
結局、5:50分到着、猫が出迎えてくれました。
宿と飯は良く無いが、値段が値段なのでしょうがない!
温泉は白濁した硫黄泉、これが目的なので、、、
本日の走行400k

翌朝も快晴 那須連峰が見事です。
これは走るしかないな
福島県に入り、桧枝岐地区、ここは奥地です。
コピー ~ DSC04353

そう、目的は奥只見湖、ここは一番の奥地ではないでしょうか?
走れるのは、6~10月後は雪だらけ、現にまだ残雪あるよ
GSスタンドなど無く100k以上は覚悟、予備ガス持ち、水、食料持込いざスタート
今まで5回アタック、通過できたのは2回目、それだけ天候やがけ崩れなど多いのです。
やはり綺麗な所です。今日はバイクが多いようです。標高が高いので走っていて気持ちが良いですね
コピー ~ DSC04358

新潟県、小出に出たのは既に3時過ぎ、、家まで下道で7時間位かな、
それになんだ!この暑さ、温度計は35度
まさに、ドライヤの中を走っている
信号待ちがきついので、どんどん私のペースで(信号無視はしませんよ)

頭が痛くなってきた、これ熱中症の始まりか??
何とか、三国峠までいけば5℃は下がる。
頑張り三国峠で休もうか、、、と景色を見ると、鉄塔がいっぱいある。
これは調査せねば、、1時間程山の道を下調べ
ただ、これは作戦の内です。
前橋を明るいうちに到着すると、ものすごい暑さが待っています。
時間調整です。作戦成功、交通量も減り、暑さもほとぼりが冷め、気持ちよく走れました。
本日の走行550k

PS 17号線は、渋川~東京までほぼバイパスなんですね。
信号待ちも少なく、60~80kで走れました。

生還していますよ

今日は、元々の用事が無くなり
一人、セロー号で、自走、某所山へ
ここは、私は初めてなので、探索のつもりでした。
単独で、尾根、ヒルクライムと走り回り
林道移動中、あ~沢走りの連中か、好きだな~~~
おや、かすにんさん達5名が要るではないですか?
これ、ホント偶然、!びっくり

その後、一緒に山遊び
ヒルクライムが登れず
迂回しながら、何とか中腹まで登頂

さらに頂上目指し、アタック
1回目=2速、エンジン吹けません・・・・NG
2回目=1速、速度が落ち、捲れ・・・・NG
3回目=下から2速半クラで引っ張り、パワー落ちる前に1速、スタンディングでも浮き浮き
パワー落ち、トコトコ走り・・・・あ、フロントが被さってきた・・・捲れ終了、あと30m
セローではパワーが無い、、、、しばらくバイクごと倒れていました。

体力回復、下に下りると???誰も居ません。

そのままグルグルと山を走ってました。

みなさん、ごめんなさん!
たけオヤジ 生還していますよ!

爽やか山ツー2

翌日、朝起きたら、体が動かね~~各関節が痛い、前日前転で、局所ダメージは無かったものの、全身筋肉痛が襲ってきた。
昨日2時まで飲んでいた方たちが、6時頃から動いている。その元気くれ!

今日は場所を変え、1名抜け、2名合流、今日も外車勢となりました。KTM125x2 150x1 200x2 250x1 TM250の7名
今日の所は2stが活躍する場所、元気なうちに例のヒロ坂に行こう!
コピー ~ DSC02948

角度40度位かな? 長さ100m程度と短いですが 上がっていくにつれて、角度が上昇、途中、土がフカフカ、その先は、さらに角度がキツクなります。途中段差を飛び越え、さらに角度が増します。捲れるか登れず落ちるか、、、上から見ると、下は見えません。私が知る限り、かなりの坂(崖ですな)です。

一度下に降りたら、途中のエスケープゾーンまで上がらないと帰れません。以前に、唯一ヒロ君(KTM200)が完全登頂しています。
ここは色々あり、ある季節しか走れません。見つける事自体難しいです。
コピー ~ DSC02947

まず降りる時から恐怖は始まります。重力に引っ張られ落ちていきます。止まりません。

みなさん降り、登頂チェレンジ、エスケープゾーンまでしか届きません。
コピー ~ DSC02961

私の番、アプローチで3速全開で引っ張り突入、角度が上がっていく~ 吹けが弱まるまえに2速、全開を維持  上が見え始めるとステップに踏ん張り、体はハンドル側へ全体重 フカフカになりタイヤ空転、半クラで回転キープ、子供が泣いても、回転数落としてはいけません。
まるでジェットコースターの気分、私の年齢ですと、天上界にのぼりつめる感じですな、ここで登らないと、リカバリーが大変、ずり落ちるので、、
何とかエスケープぎりぎり、まだまだ修行が足りません。まことさんが125で登ったのも驚きです。

その後も、中難易度の登りが続き、難易度の高い坂に到着、名前はありません。
コンディションによりますが、ここも難しい部類です。角度もきついですが、途中荒れています。ここ登頂すると、石が上から転がってきます。

2速でアプローチ、登り途中、小さな段差、こぶし大の石が幾つかあります。ある程度の速度ならば、KTMはどんどん飛び越えて、バイクをその先へと進めてくれます。
コピー ~ DSC02968

この辺の足の良さは流石です。1回目は障害物で引っかかり、速度が落ち回転数落ち、途中停止でした。

2回目は3速でアプローチ、速度落ちていない、そのまま開放状態、さすがに吹けが落ち込みた頃、2速、半クラでリカバリーしながら成功 今日は路面事態グリップしたので、勢いがあれば行けます。冬は凍るので恐怖ですが

その後は、山の小道やツズラを巡りながら、隣町の山々を延々と続いてます。

ここからは、私の好きな場所、キツ目のバンクにバイクを無理やり倒し込み、アクセルOPEN、
次のバンクまでの間、フロントの接地感が有りません。次のバンクは、よりバイクが倒れ込み、横Gを感じます。
より不安定になる。この連続、く~たまりません。

その後は尾根みたいな所のアップダウン、ややキツメの登りは2速から3速へフロント浮き浮き、下りは”ふわ”と浮き上がり
接地と共にアクセルOPEN、加速半端無いス、下りの凹凸でもバイクは振られません。まるで飛んでいる様気分、、
コピー ~ DSC02977

ま、全て妄想です。そんなコースみたいな所ありません。
実際は、顔に絡まる枝と蜘蛛の糸、埃と虫が顔にあたる。ま、山中ですから、、、
疲れました!

爽やか山ツー

コピー ~ DSC02930
いつもながらの山深い某所、未だ梅雨前の貴重な時間、都心では真夏日を超える日でも、ここは別天地、早朝5時過ぎ、山の中腹は霞がかかり、頂上は雲一つない青、カッコウが鳴り響き、空気がおいしい、非常に爽やかな朝です。

7時くらいから続々と今日のメンバーが到着 今日6名、全車2st KTMとTMの外車勢になりました。何故2st?ここはヒルクライムが多く、軽いパワー2stが有利となります。レーサー系じゃないと登れない所もあります。

朝8時から昼まで、山あり、谷ありのテクニカルな所を、いつものコースに少しアレンジを変え、約50k走破、あんな道、こんな道で、押しが入る所もあるので、既にバテバテ、日陰で休んでいると寝てしまいそうです。

午後は移動をして離れた山々を巡ります。早めに山の上に駆け上がり、3ヒルを下り、某所を移動中、訳あって、その先は進めません。下の方に林道が見える。戻るのも大変、さあ、どうしたものか??このメンバーです。降りよう!約30m、ブレーキ掛けてもずり落ちる角度、その先5m程の坂、段差50cm、さらに下が土の坂、中々大変です。キャンバー走行で回り道する方、気合1ッ発で降りる方、さすがに段差はバイク落として進みます。

これ、行けるよ!サポート不要 強気なたけおやじです。ここいらで先輩を見せつけねば、、、、バイクをズリズリ下し、段差手前、アクセル一ひねりで飛ぶ予定でしたが、、、、ええ、
倒木に邪魔されアプローチが取れない、、これ恐怖ですよ。しかしサポート不要と言ったので、肩にはプライドがのしかかってます。
コピー ~ DSC02933

イケー!!! なんと、人馬共に巴投げ、前に180度回転、段差にある根っこがフロントタイヤにハマり、私が顔面から土に落ち、そのあとに愛馬KTM250が落ちてきた。背中にバイクが押しあたる感覚は確かにありました。バイクシートとリュックに当たったみたい、そのままゴロゴロです。しかし幸いにして人馬共に無傷、いや-助かりました。きっと守護霊が守ってくれたのでしょう。感謝です。全身プロテクターしていて助かりました。この手の遊びは必要ですぞ!

ここでTM250がクラッチトラブル、アルミ屋さん離脱、
その後、続行、移動を経て、次なる山に上がります。結構な奥地です、ここも道路なんて物は無縁、ケモ道を上がっていくような物です。
コピー ~ DSC02936

各所にヒルクライムが待ち受けております。ま、これが面白いのですが、、2速全開、半クラを駆使、無理くり駆け上がります。2st車の醍醐味です。その後小道を進みますが、所々両側落ちたら、、、回収困難な所を、スリル満点で10km以上はあるのでしょうか?枝道や間違えそうな小道が迷いを誘います。気が抜けません。このメンバーなので安心して走れますが、、、
コピー ~ DSC02942

時間が5時を回ります。この時間になると野生動物が出てくる。いきなり横切ります。この時期、PM7時まで明るいですが、戻るのに時間がかかるので、途中はショートカット、じゃないとナイトランですので、、、、夜のケモ道は怖いよ。ろくな事がないです。
コピー ~ DSC02943

締めは4ヒルで気持ちよく全員登頂!全車真っ白な排気が出まくってます。暗くなる前にはトランポ到着、合計110km走りました。

いや~マジに疲れました。しばらく魂が抜けていました。この後元気を取り戻し、温泉/食料買い出し/ガス補給/移動どぇす。力尽きました。
パス設定あり
http://firestorage.jp/download/abc27dd8ca6e24e912f0118cc5104c8e75bf6ccc
プロフィール

たけオヤジ

Author:たけオヤジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
554位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード