快晴の駿河ツー

DSC03245.jpg

雨、雨、雨、、、ほぼ1か月ぶりに  ”快晴”
3連休です。今日は3台で軽く走ります。
DSC03256.jpg

甲斐の国、某所に出かけます。本日は新規開拓メイン
マウンテンを上がったり、下ったり 走りがいがありました。
中々面白い所です。後日さらに調査が必要です。
DSC03228.jpg
DSC03261.jpg


2日目はジクリバーさんからご招待頂き、駿河の国某所
快晴の中、本日は17台、地元、東京、栃木、千葉、神奈川から好き物が集まりました。
DSC03284.jpg
DSC03273.jpg

広大な草原、火山灰、ガレ沢、マウンテン、尾根地獄
DSC03274.jpg
DSC03266.jpg
DSC03303.jpg
DSC03300.jpg
DSC03290.jpg
DSC03287.jpg
DSC03286.jpg

オフローダーにはこの上ない、場所です。
DSC03262.jpg
DSC03263.jpg

ジクさん初め、地元の方々、案内頂き、誠にありがとうございました。



3日目はまた、違う場所です。本日も関東中、長野チームも加わり23台
これは、何かあるぞ!
DSC03324.jpg

先導車も大変です。タケツーなら、数台消えても分かりませんが、
ここは先頭、中間、最終に地元の方が付き、しっかりサポートして頂きました。

マウンテン中心でアップダウン
DSC03309.jpg

河走り、河を横切り、一気に駆け上がりますが、火山灰が混じり、グリップしません。
勢いで一気に行けないと、河ボッチャンです。
DSC03318.jpg
DSC03315.jpg
DSC03322.jpg

次は一気に数百m程?登りです。木の根で弾かれ、急な角度です。気負抜くと登れません代走に出ました。
DSC03331.jpg
DSC03326.jpg
DSC03330.jpg

その後も通称”男道”  どこにでも有るんですね?この名称
確かに、角度がキツク、根っこで進行を妨げます。
上から見るとあっちこっちで、もがいてました。
もちろん私も汗汗、、、もがきました。
上がった物からヘルプに入ります。
代走、ロープ、ルート整備、人力、、
DSC03338.jpg

ランチを挟んで、次も火山灰の沢を通過、某山まで数キロ程の上りです。
木の根や倒木をみなさんを苦しめ、かなりの台数が、水を噴いていました。
私は、登頂時は真っ赤な顔で、肩で息をする始末です。
頂上では人馬共にダウン、素晴らしい景色を楽しめました。
DSC03341.jpg
DSC03348.jpg


次の場所へ移動しようとした所で、緊急ヘルプコール
何でも、迷子になり下ったら、戻れなくなったとか
予定変更、急遽救出に、、、人足は一杯いますので、物の10分程
これはこれで、面白い物です。
DSC03351.jpg

日が暮れるまでの、時間を有効に山アタックです。
捲れる、転ぶ、ハマる、
私も縦1回転させて頂きました。

DSC03354.jpg
DSC03353.jpg

今回、案内して頂いた方々、ありがとうございました。
気持ちよく走れ、完全燃焼させて頂きました。
また、再び走れることを待っています。
次回はこちらで段取ります。遊びにきてください。

最後の最後にパンクすみませんでした。


下記に3日間写真アップしました。パス有です。
http://firestorage.jp/download/e0678b079eda62e0a9ee46e326ae834df61a639a
スポンサーサイト

リヤホイール ベアリング交換

2週連続 雨雨、、、気が滅入ります。

前向きに考え、整備 整備です。

KTM150のリヤホイールにガタが有りました。
そのままにすると、ホイールベアリングだけではすみません。
カラー、リヤディスクも壊れます。それこそ大出費

今回社外品で直してみました。
ベアリングとシール交換です。
IMG_1655.jpg

リヤホイールベアリング6005 これは規格なのでどの日本メーカーでも作ってます。
その後の番号は、シールの種類やシール有る、無などです。
ベアリングに関しては純正で買っても
NSKやTHK製が来るので良いでしょう
純正品を使うと送料込で1万超えます。

今回、日本の通販で1400円でした”安”
浮いた分で、また遠征に出れます。

ただ、本当は純正品が良いです。
それなりの理由があります。
それぞれ、仕様や精度があります。

KTMマグラクラッチ

クラッチよりオイル滲みあり
開いてみました。
IMG_1652.jpg


今回はおそらくガスケットも劣化だと思いますが
念のためOリングも、、、、ぬぬ、、Oリングだけparts出ない。
ピストンセットなので5~6000円ぬぬぬ、、、貧乏ライダーにはキツイ

少し調べてみました。

所で、マグラのクラッチオイルはミネラルオイルで指定されています。
通常のブレーキフルードを入れるとシール類がダメージを受けます。

ブレーキフルードには
ブレーキフルードは、グリコール系、シリコーン系、鉱物油系がある
-50 ℃ でも凝固せず、200 ℃ でも沸騰しない。ものらしい
一般的な フルードはグリコール系いわゆる DOT4とかのグレードのやつ

グリコール系はポリエチレングリコールモノエーテルが主成分である。これに酸化防止剤・防錆剤等が添加されている。
グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまうが、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してある。水分があってもこのエステル結合が加水分解されることにより、遊離の水を減らすことができる。また、グリコール系は塗装を浸食しやすい。塗装面に付着した場合は、水でできるだけ早く洗浄する必要がある。レース用等、グレードが高いフルードほど沸点は高く、低粘度で応答性が良い反面、吸湿しやすく(寿命が短く)、塗装を痛める傾向がある。

ではマグラで使われている、ミネラルオイルとは
石油から生成された鉱物油(鉱油、オイル)を主成分としたフルードである。
ミネラル系、鉱油系とも呼ばれる。
まともに買うと高いので、私は自転車用シマノ製のミネラルオイル
若しくはヤマハのサスペンションOIL#5を使います。

これらに成分により、Oリングも
ニトリルゴム シリコンゴム フッ素ゴムが適用可能
ミネラルの方が一般的な素材で、普通のブレーキフルードが特殊素材みたいです。

さらにOリングにも種類が有り、固定用と運動用
今回の場合、ピストンシールなので運動用です。

今ついているOリングサイズは
φ2(線径) 内径はφ24位です。
IMG_1486.jpg

では適合しそうなのは
1、HONDA純正 91354-SA5-952 線径2 内径24.5 単価180円位?
2、モノタロウ 注文コード 38836402 単価37円
線径 2.0 内径23.5 固定用 武蔵オイルシール工業
IMG_1487.jpg

両方購入、両方とも会いますが、武蔵オイルシールは固定用
ホンダは不明、とりあえず今回はホンダ製を付けてみた。
安いので1年持てば、OKです。

雨でする事ないので調べました。
良ければ握手を

ちなみに、ハスクかフサベルならOリングだけ出そう!

多忙でした

連休は私用で、早朝から千葉の真ん中あたりに行き、その後、午後には長野真ん中あたりに行き多忙でした。
そのご褒美に、夜は草津温泉に浸かりとろけました。
翌日 白根山
早朝6時、雲1つない快晴、空気が澄んで、長野方面は雲海
上の方は少し紅葉が始まっていました。
コピー ~ DSC_0269

その後、バイクを降ろし、野反湖
もちろん裏道で
コピー ~ DSC_0279
コピー ~ DSC_0272

午後は前から、行こうと思っていた某所
ほぼ、通過できそうですが
1か所、崖があり
70%行けると思いますが、もし落ちれば引き上げで2時間 既に4時をまわっています。
確実に暗くなります。止めました
弱気なたけオヤジでした。

ちぇいさん 大きく なりました。

DSC03223.jpg

例のごとく、某所に出かけました。

何時ものメンバー6台
約70%は新規ルートを織り込んだ山ツーです。

(初日はカメラ忘れ写真なしです。)

また、KTM150の様子見を兼ねております。
標高が高いせいか、吹けません。
午前中は山整備、倒木を排除、登りは半クラばかりで苦しい

早々にトランポに戻り、MJを7番程落としました。

””絶好調””

下から上まで気持ちが良く回ります。
4ヒルを浮き浮き登っていきました。
満足です。

さらに、新規ツずら折れの連続道を発見
より、舗装の移動が無くなりました。

DSC03224.jpg

2日目、新潟組が合流 合計12台
大所帯です。多くが2STのオレンジバイクなので、最後尾が分かりません。
みなさん、慣れている方達なので、気持ちよく走れます。
DSC03179.jpg

新規ルート50%を織り込み、ヒルクライムメインで走ります。
私も、長いヒルが多いので、250に乗り換えました。


早速、山の中へ、登りです。みなさん楽しく転んでいました。
DSC03207.jpg
DSC03196.jpg

DSC03186.jpg

登ったら、下りです。沢を抜けます。
DSC03200.jpg

ここも、結構な登り、おまけに隠れた木の切り株で弾かれ、
ヒルクライム慣れしているメンバーで登頂率 60%でしょうか
DSC03205.jpg
DSC03206.jpg
DSC03203.jpg

ここは、道幅20cm かなりキツイ登り おまけにキャンバー
開ける程、左の崖に吸い込まれます。完全落ちたら、このまま奉納になってしまいます。危険なので別ルートで無理くり登ります。
DSC03216.jpg

そのあとは、この辺では最大ヒル 高さビルの8階位有るのでしょうか?
アプローチは取れるのですが、砂利でバイクが跳ね、速度が落とされます。
中間まではスムーズですが、後半、タイヤがグリップせず、速度が落ち停止

ここは、全開有るのみ、速度を維持しなければ難しいようです。
外車2st 3~4速 全開ですから結構な速度と勢いで登って行きました。
登頂率90%程 その中、奥さんとマルカツさん登頂したのは”あっぱれ”
初めての方には壁に見えると思うのですが、、

次回は、最大ヒルの”ヒロ坂”が待ってますよ。
上から見ると、足が震えます。

DSC03219.jpg

次のヒルは、角度は無いのですが、岩岩で難易度が高い所です。
かすにんが何回もアタックしますが登れません。
そこへ、新潟のちぇいさん、あっけなく登頂 まじ!!
半端無いっす

かすにん、アセリが出てきます。(笑い)

ちぇさんが、かすにんにアドバイス

その後、登頂

かすにん、ちぇいさんに頭が上がりません。

私には、ちぇいさんが”大きく” 見えました。(一同大笑い)

今回は、ちぇいさんにおいしい所持って行かれました。
ちぇいさん、まるかつさん 遠路ご苦労様でした。
また、遊びに来てください。楽しみにしていますよ。
次回は”罠”を作ってお待ちします。

写真 ここに置きます。

http://firestorage.jp/download/817591b94d94e90abff650639b37a636aeaf5622
プロフィール

たけオヤジ

Author:たけオヤジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
649位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード